詰め込みすぎて…

本棚が壊れました。
棚板がダボに乗っている、よくある仕様の本棚でしたが、本の重みで棚板が歪んでしまって、ダボから落ちてしまいました。
今は下の段に入っている本で棚板が支えられていますが、もう駄目なような気がします。
こうなったからには近々本棚を買い替えなくてはいけませんが、今度は、棚板の耐荷重をよく見て買いたいと思います。
たくさん本があって、ぎゅうぎゅうに詰め込むタイプの私と旦那にとっては、耐荷重は大切な要素だと、今回実感しました。
歪みにくい、頑丈な棚板を有した本棚を買わないと。
あとはちょっと、本を減らさないといけませんね。一度本を買うとなかなか手放さないので、増える一方なのです。
私は最近本をあまり買わなくなったけど(読む時間がないので)、旦那の本は、ビジネス書とか、文庫本とかが徐々に増加しています。
旦那の専門書(これが、分厚くてデカくて重い)は手放せないので仕方ないですが、漫画とか文庫とかは、少し処分した方がいいのかも。ケノンの使い方を徹底解説