狭い場所に向いている脱毛

あなたは狭い場所に向いている脱毛法が何か知っていますか?
それは電気脱毛(ニードル脱毛)です。

電気脱毛(ニードル脱毛)とは、毛穴一つ一つに針を差し込み、そこに電流や高周波を流すことでもう根やその周辺組織にダメージを与えて脱毛するという脱毛方法です。

なぜ狭い場所に向いているかというと、電気脱毛(ニードル脱毛)なら毛穴の範囲しか必要としないからです。
光脱毛(フラッシュ脱毛)や医療レーザー脱毛などの他の脱毛方法だと、一度に脱毛する範囲が広くなってしまうので、狭い場所には向かないというわけです。

ちなみに狭い場所とは、顔です。
その中でも特に眉間の脱毛には電気脱毛(ニードル脱毛)は最適です。

やはり目の近くは光脱毛(フラッシュ脱毛)や医療レーザー脱毛の光による脱毛は、目に光が入る恐れがあるので危険です。
しかし、電気脱毛(ニードル脱毛)なら、光を発することはないので、目に悪い影響をおよぼすことはありません。

というわけで、眉間の脱毛は電気脱毛(ニードル脱毛)で行うようにしましょう。

脱毛ラボ 西宮